たまつゆ堂とは

高級茶の産地として全国的に名高い福岡県八女地方にある「たまつゆ堂」は、八女茶のおいしさをもっとたくさんの方に知っていただきたい、そして手軽に飲んで頂きたいという思いから誕生しました。ティーバッグ型の商品のみを取り扱っております。


八女茶ブランド

八女茶は、最高級茶「玉露」の全国茶品
評会で 平成26年から7年連続で日本一
を獲得しています。
さらに、玉露の中でもトップクラスの味
わいをもつ「八女伝統本玉露」は国から
唯一「GI認証」というお墨付きを与え
られている緑茶で、普通の煎茶の平均取
引価格に対し、その4倍の価格で取引さ
れています。

※GI認証とは、高い品質と評価を獲得した産品だけがその地域の名称を名乗ることを認められ、その権利が守られる制度です。

600年以上続く

伝統的な職人技

栄林周瑞(えいりんしゅうずい)禅師が
1423年にお茶の栽培を伝えたことが
八女茶の始まりと言われています。
それ以来、代々受け継がれてきたお茶農
家の技術によって八女茶の品質が維持さ
れています。

たまつゆ堂のこだわり


お茶の常識を覆す

 ティーバッグ

たまつゆ堂は、高級八女茶ティーバッグ専門
店のため、一般的な茶葉商品は一切扱ってい
ません。急須で淹れるお茶に負けない味と
風味。それだけを追求し、お茶の栽培から製
茶、茶葉の調合やカットの仕方など、様々な
工夫を加えながら試行錯誤を繰り返し、二年
半の月日をかけて八女茶ティーバッグ「極
み」を完成させました。
すぐに手軽に飲めて、後片付けも簡単です。


お茶のうま味と栄養を

極限まで追求

お茶の栽培方法には、生産量を重視した「芽数
(がすう)型」と呼ばれる一般的な栽培方法と
品質を重視した「芽重(がじゅう)型」があり
ます。たまつゆ堂は、芽重型をさらに進化させ
た方法でお茶を栽培し、極限までお茶のうま味
と栄養を追求しています。

減農薬栽培で育てた

一番茶のみを使用

たまつゆ堂では、渋味の少ない1番茶(4月
下旬から5月中旬頃に摘み取られた茶葉、6
月下旬頃に摘み取られた玉露)から茶葉を厳
選し、丹念に仕上げた八女茶のみを扱ってい
ます。


Instagram新着情報

お茶は入れ方によって味が大きく変わります。この記事では、緑茶本来の香りや旨味、甘味を最大限に引き出す淹れ方を解説しています。 八女茶ティーバッグ「極み」をお湯出…
お茶と言えば「お湯で淹れる」というイメージがありますが、まずは水出し茶で飲んでみてください。水出し茶は、苦みや渋みが抑えられ、旨味や甘みが際立ち、美味しいお茶を…

1分でわかる!八女茶「極み」の淹れ方動画